プロフィール

●昭和39年11月 和歌山県御坊市生まれ
●社会福祉士/薬剤師/ケアマネジャー/FP/年金アドバイザー
 総合学習センター柳岡塾を経営/キャリアカウンセラー/慶風高校非常勤講師
●仮死状態で生まれ、両手足に重度の障害を持ちながら、
 2歳半まで病院で過ごす。母親の送り迎えで健常児と同じ幼稚園、小中高校を卒業。神戸学院大学薬学部在学中手動式の車の運転免許取得し、寮で自炊して暮らす。
●障害者卓球と出会い、全国身体障害者スポーツ大会で金メダル。パラリンピックをめざし、卓球(クラス6)の世界大会で好成績を残す。
●NHK教育テレビ「きらっといきる」第15回ゲストとして出演し、「自殺する人をなくしたい!」と命の尊さを熱く語る、講演活動をスタートし、全国から依頼が殺到している。
●障害者とは思えない行動力で様々な団体に所属し、委員として活躍。 地方紙にエッセイを掲載したり、いろいろな資格取得にもチャレンジ。幅広い相談活動を行う。

パンフレット

児童生徒用



大人用

ご紹介

 私ども「オフィス花まるライフ」より、総合学習・PTA講演会・教職員研修会・新年度総会などにお薦めの講師をご紹介させていただきます。「柳岡克子(やなおかよしこ)」は、生まれつき手足に重度の障害を持ちながら、「車いすの元気配達人」として和歌山県人権教育登録講師として、全国講演活動をしています。
 講演歴15年のベテランであちこちから大変高い評価を得ています。特に、学校や人権団体からは「命の大切さ、人を思いやる心を育てる実体験に基づいた感動的なお話だった」と感想が寄せられています。いじめによる自殺が問題となっている時代だからこそ、講演を聴いて、生きている喜びを感じ、当たり前のことに感謝し、勇気と元気をもらいませんか?
 子どもたちにも楽しみながら、わかりやすく福祉や人権を学ぶ機会となり、親子のコミュニケーションも深まる有意義な研修となることは間違いありません。
 新年度の事業計画の中に入れていただき、皆様との素晴らしいご縁がつながりますよう願っています。今後ともどうかよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます。

構成


 

このページのトップへ